モスアクアマリンの意味。真実を見極め、ともに歩む。

モスアクアマリンの意味。真実を見極め、ともに歩む。

今日は私のお気に入りの石の一つ

モスアクアマリン」についてのお話をば。

 

 

見た目の神秘的なところもさることながら、

石の持つエネルギー的なものにも、

奥深い不思議な魅力があるんです。

 

 

<モスアクアマリンの見た目について

モスアクアマリンは、

海の深いところから煌々と照る満月を見上げているような、

不思議な深い光を感じる幻想的な石で、

通常のアクアマリンと異なり、

苔状のインクルージョン(内包物)が入っているのが特徴です。

 

 

ちなみにこの苔のようなものは

「チタン鉄鉱(イルメナイト)」と呼ばれ、

パワーストーン的な観点で言うと、

「インクルージョンの入った石は、

その石が持つ効果をさらに高める」とされています。

 

 

さらに、一般には天然石は

「インクルージョンのないものの方が品質が良い」とされていますが、

モスアクアマリンに関して言えば例外で、

落ち着いたダークトーンのモスグリーンを帯びたモス(苔)状の

インクルージョンが入ることにより、さらに魅力を増す、

という少し不思議な位置付けの天然石なんです。

 

 

もっと説明するならば、

「一般的な明るい水色で透き通った透明度の高いアクアマリンに、

ほんの少し憂いを帯びたような、ロマンチックさや繊細さ、

花嫁が被るようなオーガンジーのヴェールのような神聖な雰囲気

を醸しているのがモスアクアマリンの特徴です。

 

モスアクアマリンのリボンピアス

 

内包物があるがゆえに、

見る角度によって表情を変えるというミステリアスなところも、

妄想フェチな私としてはグッとくるポイントなんですよね。

 

 

神話・女神とのつながりについて

そして実は、アクアマリンというのは、

ギリシャ神話やローマ神話などの神話とも

つながりの深い石でもあります。

古代ローマでは、月の女神『ディアナ』の石とされています。

ディアナは太陽神アポロンの妹とされ、

森の妖精達と狩りを楽しむような、男勝りの女神様なんですよ^ ^ 

 

 

芯のしっかり通った心で冷静に物事を見つめながらも、

心は優しく困っている者には優しく手を差し伸べる、

そんな面倒見のいい気質が、

この石と女神ディアナの共通するところなのかもしれませんね。

 

 

さらにアクアマリンは、

古くから船乗りたちの間でも航海安全の守り石として大切にされ、

「人生の壁や暗闇に迷った時、新たな希望の光をもたらす」

といわれてもきました。

これから進む人生の航海を希望の光で包み、

持ち主を守ってくれる素敵なパートナーといったところでしょうか。

 

 

モスアクアマリンの色あいに関して言えば、

個人的な好みですが、

透明度が中位の部類のものになぜか惹かれてしまうことが多いです。

 

 

透明度の高くなさと言いますか、

ほんのちょ~っぴりのミルキーな感じだったり、

インクルージョンが入っていたり、

見る角度によって表情が変わる種類の石たちに、

キュンっとなってしまうことが多々あるのですね。

 

 

この透明度の若干の低さは、

モスアクアマリンに含有されるインクルージョン(内包物)によるもの。

それがもともとのアクアマリンが持つ清らかな乙女度を

さらにパワーアップさせ魅力的にしているのではないでしょうか。

 

 

透明度が若干低く、かつ色が薄めの石が

こう言ったロマンチックなテイストになりやすいのでしょうかね。

似たような色あいを持っていたとしても、

透明度が異なれば雰囲気がガラッと変わってしまうのもまた、

この天然石の魅力の一つと言えるかもしれませんね。 

 

 

「このロマンチック感が何から来るのか?」

考えてみたのですが、

「こちら側から相手の全てが見通せず、

いったん自分の中で相手像を想像し、

相手像を咀嚼する時間の中で生まれる、意識の集中と静寂」

とかそう言った雰囲気の中にロマンチックさを感じているのかも知れません。

 

 

とにかく、透明感100パーセント!っと言った感じの石とは違った、

なんとも言えない奥ゆかしい魅力があります。

 

モスアクアマリンのプチフックピアス14kgfゴールドフィルド

 

モスアクアマリンのエネルギーについて

 

以下は、

ストーンリーディングと呼ばれる、石のエネルギーを読むことをした時に、

見えたメッセージです。

 

アクアマリンは凪の海。

その水面に映る月明かり。

動きはすべて緩やかに。

やがて静寂のもと、深淵から真実が浮かび上がる。

(以上、ストーンリーディングメッセージ)

 

 

モスアクアマリンは真実をただ浮かび上がらせるだけではなくて、

その浮き出た真実に対して、

持ち主と「共に」良い方向へ歩んで行こうとしてくれる、

とても頼もしい存在です。

 

よき相談相手になってくれる、

生徒会に所属するしっかり者の優秀な女友達って感じですね(笑)。

 

月の女神ディアナが生徒会にいるっていうのも

なんだか不思議な感じですが。

 

そしてこの石の「真実を見極める目」は天下一品です。

何かと忙しい毎日の中で慌ただしく過ごし、

自分と向き合う時間が取れなかったりしている方が、

ほんの一瞬でも集中して

自分自身と向き合いたいと願う時に、

この石は強いパワーを発揮してくれるはずです

 

 

「あなた自身が置かれている現状」、

「そして本当はそこからどうなっていきたいのか?」

そういったことを見つめるのに、とても頼りになる存在で、

その先の現実的な解決方法を探る際にも

大きなサポート役となってくれるはずです。

 

 

その他、アクアマリン・モスアクアマリンに関する豆知識

ちなみに、アクアマリンは、

かのフランス王妃マリーアントワネットも愛した石

として知られています。

んなストーリーにもまた、想像を掻き立てられてしまいますよね。

 

 

モスアクアマリンは

「ピカピカにゴージャスで華やか!!」

・・・というのとは少しばかり違うのですが、

いぶし銀のような、

ミステリアスな中世貴族のような色香と知性・品の良さが漂います。

 

 

ちなみに、インクルージョンが多めの物は

ブラックアクアマリン(ブラックレインアクアマリン)と呼ばれ、

そちらは妖艶さを漂わせ、

インクルージョン比率の違いによる

個体差もお楽しみいただけるような、

そんなバリエーションに富んだ種類の天然石と言えるかと思います。

 

 

個人的には、モスアクアマリンは淡め〜中程度の色のものが

よりアクアマリンらしさを宿しているように感じ、

この愛らしく清楚なほんのりとした控えめな淡い色のトーンが

多くの女性に愛されるポイントなのかなと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。