パキスタン産ハーキマーダイヤモンドの効果を詳しく解説。NY産との違いとは?!

パキスタン産ハーキマーダイヤモンドの効果を詳しく解説。NY産との違いとは?!

パキスタン産ハーキマーダイヤモンドタイプ水晶のエネルギーをリーディング

してみたので、その印象と体感を以下にご紹介しますね。

 

NY産ハーキマーとはエネルギーの強さは似て、とてもエネルギーに溢れていま

すが、エネルギーの質はかなり異なると感じました。「水」と「溶岩」ぐらい

の違いがあります(パキスタン産が「溶岩」、ニューヨーク産が「水」です。

溶岩は「火」とはまたちょっと違います。火は燃やされるものがあってこそ、

出現しますが、「溶岩」はそれ自体がすでに強力なエネルギーを放出していま

す。そういった違いから「火」ではなく「溶岩」としています。どちらがいい

とか優れてるとかではありません^^;。ただ「火」とは異なるエネルギーです)。

 

 

ちなみにここで紹介している「ハーキマーダイヤモンドタイプ水晶」はパキス

タン産なので、海外では「パーキマー」と呼ばれていることが多いです。私は

若い頃ロンドンのイーストエンド(いわゆるちょっと治安が悪い、昔だったら

切り裂きジャックとかで有名だったエリアです)に住んでいたのですが、じい

ちゃんと住んでいて、そこはパキスタン系の移民も多かったので、彼らを「パ

キ」とちょっと小馬鹿にして呼んでたのを思い出します。でも、口の悪い私の

住んでいたエリアの白人のおっさんは頻繁にそういう言葉を口にするので、そ

こまで悪意のあるひどい差別用語ではないんだと思います(でも言われて”うれ

しい”言葉では決してない・・・と思いますが)。

 

 

私はこの石の強くて鋭いエネルギーが好きなので、親愛なる気持ちを込めて、

愛称的に「パー子」「パーマン」と呼びたいぐらいです。

 

 

パー子の得意なこと(いきなり呼び始めてみました^^;)>

●自己肯定

●自己実現

●軽々と現状打破 

●エネルギー活性

●やる気アップ

 

 

暁の空にひときわ明るく輝く星のような、

地球に降り注ぐあらゆる光を集めて輝いているような、

そんな存在感が魅力の透明感100パーセントの天然石。

 

 

なんというか・・・光をめっちゃ集めてますよね?周りが燃えないか心配なぐらいです(笑)。この刹那な感じの、恐ろしく強く放たれるきらめきがいいんですよ、うん^^

 

この石の核にあるのは「使命を全うするための強さ」。

 

 

「形のないものに根拠を与え、

揺るぎない自信へとつなげること」を得意とします

 

 

“めいめいの人が持っているユニークさを

誇りに思えるよう、

愛や肯定感、大きな安心感”で支え、

自信ややる気を与えてくれます。

 

 

「ポジティブな気持ちで現状打破したいかた」に

特にオススメの石です。

 

 

人は往々にして「●●をしなければ」とか

「××ではいけない」とかそういう考えを持っている時には、

そのことを他人に指摘されるとかえって意固地になってしまったりするものです。

 

たぎりたい人は、我慢せず、自分を抑えたりせず、もういっそ、パー子とともにたぎっちゃいましょう(笑

 

 

ですが、このハーキマーダイヤモンドのエネルギーは、

そういった、本人自身もよくわかっている「できてない部分」を認識しながらも、

そちらにはフォーカスはさせずに、

むしろ「なりたい自分」にフォーカスさせて、

自然な形での変化を促すようなエネルギーを持ちます。

 

 

つまりは、

「自分が憧れるような理想の人を目にして、その人みたいになりたい!」と

自らの変化をごくごく自然にポジティブな方向へと向けるような

そんなサポートをするのが得意なようなのです。

 

 

両端の尖った石の形状は、

ダブルターミネイテッド(あるいはダブルポイント)と呼ばれますが、

このダブルターミネイテッド型の石たちは、

「流れ」の調節が得意で、

必要に応じて片側の先端部分からマイナスのエネルギーを吸収し、 

反対側の先端部分から浄化したエネルギーを放出するといわれています。

 

 

石自体の持つエネルギーと形状の持つ効果の相乗効果で、

このハーキマーのクリア感が生まれるのかもしれませんね^^

 

 

暁の空に、圧倒的な存在感で強い輝きを放つ星のような、

気高く優雅なその姿の魅力もさることながら、

身につけていると清々しく前向きな気持ちにしてくれ、

細かいあれやこれやのつまらないことに拘泥することを忘れさせ、

それら些細なこともすべて前進するエネルギーへと変換してくれる

コンバーターやジェネレーターのような役割も果たしてくれたりも。

 

 

※ハーキマーダイヤモンドはダイヤモンドと名前についていますが、

水晶の一種です。その透明感や輝きがまるでダイヤモンドのようなことから、

名付けられたと言われます。

 

 

こちらでご紹介しているハーキマーダイヤモンドタイプ水晶は、

ニューヨーク産ではなく、パキスタン産のため、

混同を避ける為「ハーキマーダイヤモンドタイプ水晶

と表記しております。

 

 

どちらも強いエネルギーを持ちますが、

ニューヨーク産ハーキマーが「水」のようなエネルギーを持つのに対して、

こちらのパキスタン産は「マグマ」のようなエネルギーを持つのが特徴です。

(おそらくは産地の地理的なものとも関係があるのではないかと思います。)

 

 

にじのうろこでご紹介している

パキスタン産のハーキマーダイヤモンドタイプ水晶は

エネルギーの純度が極めて高く、

かつとてもパワフルなのが特長です。

 

パー子のふるさとを妄想するに、どっしりとした山の麓。揺るがない大地。その根っこみたいなところ。マグマが飛び出して、冷えて固まったその、かたまりの始まりの場所。山を支える起点。そんな場所な気がする。あくまで妄想です。そしてパキスタンはヒマラヤ山脈をはじめとした、名峰連なる山岳地帯でもあるのですよね。ロマンを感じてしまいますが、人が死ぬほどに険しい山でもあるということですね・・・。ピアス画像に似合わないキャプションつけてしまってすみませんです。

 

 

「エネルギーが滞りやすいかた」、

「ネガティブエネルギーなどもらいやすい

エンパス体質のかた」、

「ポジティブな気持ちで現状打破したいかた」に、

特にオススメです。

 

 

この石を身につけた時の体感は、ホットヨガをした後のような感覚です。

滞ったエネルギーの巡りをよくするサポートが得意ですね。

 

 

もともと血のめぐりが滞りやすい(例えば生理中にレバーのような血の塊が出やすい方や、

冷え性の方など)方は、ホットヨガなどの「めぐり」と「排出」を促すようなエクササイズと

併用されるといいんでは?と思います。

 

 

4月の誕生石はダイヤモンドなのですが、

ダイヤモンドの代わりにこちらを贈り物に、なんてのもいいかと思います。

 

 

4月は日本では学校や会社など、

さまざまな事柄の「スタート」であることが多いですよね?

その「スタート」や「新たに何かを始める」ことに、

とても良くリンクしたエネルギーを持っている石だとも思います。

気持ちをあらたに、この石と共になにか新しいことに挑戦するのもいいかもしれませんね^^。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。