ルビーのエネルギーの特徴、宝石言葉について。ルビーは「まっすぐな情熱を持つ、革命の人」。

ルビーのエネルギーの特徴、宝石言葉について。ルビーは「まっすぐな情熱を持つ、革命の人」。

 

のっけから少し別の石の話で恐縮なのですが。

以前ピンクサファイアのリーディングをしました。そして今回ルビーをリ

ーディングしてみて気づいたのですが、この2つの石、エネルギー的にとても

く似た部分があるんです。

 

それもそのはず。というのも、ピンクサファイアもルビーも同じ「赤鉄鉱グル

ープ」に属する石で、酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物なんです。

つまり、兄弟みたいな感じ?

 

結晶に含まれる金属系イオンの種類で色が変わり、石の名称もそれに応

じて変わります。

 

 

そういった理由もあって、ルビーとピンクサファイアのエネルギーには

 とても似たものがあるんですね(個人の体感ですが)。

そして エネルギーの強さは、どちらもとても強い。

そして、「熱い」(笑)。

 

 

こういう人は、ずっとそばにいると暑苦しいと感じる人もおられるでしょうが

 (っていうか、私も多分ずっとこういうアツいヤツにずっとそばに居られるの

はイヤです(笑))、

アニメにはぜったいに欠かせない、メインを張れるようなキャラ。

 まっすぐな心、愛とやる気に溢れ、周囲を惹きつけ巻き込んで大きな波を起こ

すような、 愛すべき熱血キャラです。

 

 

ルビーの一連ストランド
一緒にいたら、なにかとドラマチックな展開になってしまいそうな、そんな「なにかを起こす」エネルギーに満ち満ちた石なんです。毎日が”お祭り”のような^^;

 

 

共通点はその「心の熱さ」、「正義のエネルギー」、「持ち主を前進させる力

強さ」、「周囲を巻き込む強大な影響力」といったところです。

 

 

そしてこのルビーとピンクサファイアの違いは「(精神的な部分の)こなれ感」。

ルビーの方がちょっとこなれた感じで、歳とってモノの道理を知ったりとか、

理想だけではやっていかれないということも経験としてわかるようになる、

といった感じ(「わかる」からと言って、決して”その現実世界に染まっている

わけではない”です)。

 

 

ピンクサファイアの方が、それこそジャンヌダルクのような若き高潔の志士、

と言った感じ。若さゆえ、汚れなく、理想の世界そのままを現実に実現させよ

うとします。

そのまっすぐさ、邪道を一切許さないストイックさは、このルビーとは少~し

だけ異なる点ですね。

 

 

どちらがいい、というものではありません。

どちらもそれぞれに素敵なエネルギーだなと思います。

が、どちらが現代社会に馴染みやすいかといえば、この場合はルビーなのでし

ょうか・・・。

 

 

しかしながら「理想を現実化する」ということがこの2つの石の大きな目的の

一つなので、そういった意味では、衝突しようとも理想を実現するのには

衝突や軋轢はある程度は避けられないでしょうし、やり方が多少マイルドか、

とか、前提概念に少しだけ大人なところ(理想と現実というものがこの世には

あると知っていること)があるか否かの違いしかない、と言った感じです。

 

 

どの道、大義を成すのに、詭弁を弄したり、ごまかしたり、小手先のテクニッ

クは不要と思われ、となるとどっちを選んでも、最終行き着く先には、あまり

違いはないような気はします。

 

 

それと、ルビーの人を惹きつける力と、ピンクサファイアのそれも

またちょっと(いや、かなり?)異なります。

 

 

ルビーは”みんなで盛り上げていこうぜ”的な、

周囲を同じ目線で見て士気を高めていくようなところがあります

(ジョークも飛ばすし、結束を高めるため・盛り上げるために

自分がバカになれるような器の大きさもある)、

 

 

いっぽうピンクサファイアは、

一つの大きく輝く星

そしてその光を受けて周囲も照らされるといった感じで、

その星の高潔さに憧れを抱く人々がその力を一目見たい、

あるいはその力にあやかりたいと集まってくる、といった感じで、

ピンクサファイアの方が「人の心を魅了するような妖艶なまでのカリスマ性」

と言ったものはあるように感じます

 

 

<ルビーの得意なこと>

・自信を与える

・前進する勇気を与える

・目的達成の粘り強さを育てる

・アイデアを反対意見にも臆せず形にする

・大衆の前でプレゼンする度胸をつけさせる

・人を惹きつけ、持ち主の大切にしている世界観に巻き込む

 

 

抵抗勢力に対して、ひるんでしまいそうな時に効果を発揮する石です。

例えば、刷新的アイデアやプロジェクトをプレゼンし、形にしていくとき。

特にそういったプロジェクトのリーダーとして先頭に立ち人々を統率していく

時に、モチベーションを高め、それをキープするための胆力(動じない心、肝

っ玉)を育て、維持します。

 

 

ただし、これまで継続してきた努力・実力があり、高い志を持っていることが

大前提です。

この石の人を見る目は厳しいですが、ひとたび認められたならば、

大きな後ろ盾となり、惜しみなくその力を発揮してくれるでしょう。

 

ルビーは強くて揺るぎない決心、

とてつもなく大きな使命のために

自分の命さえも投げ打つような、

そんな宇宙サイズでの善

 (善とか悪とか、単純に

区別できないものだとは思いますが、概念としての善

大きな流れとしての行き着く先としての善、とでも言いますか・・・)

を行動や形にしていくことを決心した人が物事を成し遂げてい

くことを助けます。

 

とくに集団やプロジェクトのリーダー的役割を担う人を助けます。

大きなことを成そうとする時には、往々にして抵抗勢力が生じるもの。

それに屈せず、まっすぐに見るべきものだけに目を向けさせ

腹の底から湧き上がる勇気のような

熱く燃え続けるエネルギーを持つのがこのルビーです。

 

 

ルビーの一連ビーズの画像。
こんなロマンティックなツヤ感たっぷりな石なのに、オラオラ系(でも独りよがりではない)&熱い情熱の人なんです。見た目は「ラズベリーモカフラペチーノ」っていう感じの超スイートな素敵な色味なんだけどねぇ。

 

 

一言で表現しようとするならば、

虐げられてきた民衆たちの中心となって「革命」を後押しするエネルギーで

す。そこには利己的な目的やよこしまな思惑は一切なく、世界や宇宙目線での

進化や前進、前人未到のなにかを成し遂げる新たな一歩。

 

そんなエポックメイキング的な、

まったくもって新しい時代の幕開けの直前の、

いままさに夜が明ける瞬間のような、

期待と希望に満ちながらも、同時に身震いするような、

 

そんな深い闇と朝陽のはざまのような、

強くて相反するエネルギーの中にあって、

心を決めて前へと力強く前進させる、

清くて眩しい光のような聖なるエネルギーです。

 

 

 

あなたにはそれを成し遂げる実力がある。

自信が揺らぐのは、

それが誰も成し遂げたことがないほどの、

大きな革新を伴うものだから。

 

 

怖気付いて当然のこの状況のなか、

なお逃げ出さずにしっかりと前を向くあなたは

もう十分に勇者だ。

慌てずとも、

あなたの心の準備が整う時を待って、

ことを成せばいい。

 

<リーディング後のプチ感想>

わたしは、こういうまっすぐな石を見ていると、

そんな理想論を掲げることのできるこの世界は

まだまだ捨てたもんじゃないと思うんです。

そして、「この世界はまだまだ生きるに値する世界だ」とさえも思います。

 

石を読むのって、映画を観てるみたいで、

やっぱり何度やっても楽しいです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。