ストーンリーディングする際の注意点。~長時間のやりすぎには、要注意!!~

ストーンリーディングする際の注意点。~長時間のやりすぎには、要注意!!~

 

私の場合、ごくうっすらとですがストーンリーディングのやり方を習おうとする前にもともとストーンリーディングができていました。

このことに気づいたのは、天然石アクセサリーを自分でネットで販売し始めてからです。

商品説明を書いている時に、すっと石の言いたいことが頭の中に入ってきたんですね。

 

 

その後わたしはストーンリーディングのやり方をざっくりとは習ったのです

が、(師匠は当時マレーシアに住んでいて、スカイプで習っていました)

実践ワークといった感じで、注意事項とかは知りませんでした。

 

 

というか、もしかしたら説明されていたのかもしれないのですが、

自分が覚えていないだけだったのかも・・・。

で、ですね、習ってしばらくはストーンリーディングをすることにハマってい

1つの石に30分ぐらい時間をかけて、じっくり読んでいたのですね。

いま思うとこの「30分」というのは長すぎだったんですね。

 

 

毎日リーディングをするほどに、

体が重だる~くなってしまい、

ストーンリーディングを1回するごとに2、3日、

長い時には一週間ほども寝込む、というような状態になっていました。

 

 

そんなある日、

たまたまホメオパシーのセミナー講座で気になって声をかけた女性が、

わたしと同じように天然石アクセサリー屋さんを経営していて、

ストーンリーディングを仕事で使っているということで、

意気投合して、帰りの電車で石の読み方について、

自分の悩みを話してみたんです。

 

 

したらば、

びっくりしたように、

「ストーンリーディングに30分は長すぎだって!!」

と言われてしまいました。

 

 

石を読むときの体感というのは、

例えて言うなら、

素潜りで深い海の中に潜っていくような感じ。

 

 

人間にとっては長くそこにとどまることはできない

いわば「異世界」みたいな感じ。

 

 

そんな中にいて、

もちろん私も違和感や暗さや心細さを感じることも時にはあるのですが、

それよりも、

「もっとこの石のことを知りたい!!」

という想いが勝ってしまって、

 

 

ついつい「石世界」に長居してしまって、

石の尻尾を引っ張るようにして

(あ、石に尻尾はないですが、イメージの中の尻尾)、

もっと話を聞かせてくれと

せがんでしまっていたのでした。

 

 

言葉を話す石ばかりではないので、正確には「もっと見つめていたい」とか、

もっとそのエネルギーに触れていたい、といった感じでしょうか。

 

 

その後、「ストーンリーディングのための正しい装備」なども身につけて、

それからはぐったりすることが驚くほどなくなりました

 

 

振り返って感じることは、

石の住む世界と、人間の住む世界は、

さっきたとえたように、

「陸と海」ぐらいに環境が異なるんですね。

エネルギー環境というのでしょうか。

 

 

セミナーで偶然出会った女性は、

石の世界のことを「重い」と表現していたんですね。

自分には「重い」とは感じられなかったのですが、

もしかしたら、実際(実際?)重いのかもしれないなぁと思った次第です。

 

 

重いとは感じたことはなかったのですが、

“違うエネルギーフィールドの中にいるんだな”とは感じますね。

わたし個人はそれを”不快”と感じることはほぼないです。

むしろとても「快」で、もっと見ていたい、話を聞いていたい、という石もあるぐらいです。

例えばアメジストとか、モスアクアマリンとかは

感じていてとても心地の良いエネルギーです。

 

 

もしかしたら、セミナーで知り合った彼女は、

もっと別の異世界の存在(例えばエルフのような?)などとのほうが

縁が深いのかもしれません。

彼女たちに比べれば確かに「重い」のかと・・・。

 

 

というわけで今日は、

「ストーンリーディングする際のちょっとした注意点」について

書いてみました~。

 

ストーンリーディングについて、ご興味ある方であったり

クリスタルが大好きな方々に、参考になれば幸いです^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。