サイレント期間後の自分自身の変化について。サイレント期間は「覚醒」の前段階。つらいことばかりじゃないよ。 使命に気づいた!!「自分自身の感覚」が信頼できるようになった!!できることが増えた!!いいこともいっぱいあるんです。

サイレント期間後の自分自身の変化について。サイレント期間は「覚醒」の前段階。つらいことばかりじゃないよ。 使命に気づいた!!「自分自身の感覚」が信頼できるようになった!!できることが増えた!!いいこともいっぱいあるんです。

 

サイレント期間というと、

どうしても「ネガティブな要素」が多いように捉えられがちですが、

捉え方によっては、

またとない成長のビッグチャンスなんです。

 

 

サイレント期間とは、まさに「覚醒」のための前夜祭。

 

 

ツインの片割れと再会するそのことだけが目的ではないのだ、

そう強く強く感じました。

 

 

そしてそのサイレント期間をどう過ごしていくか、が、

今後のあなた自身の飛躍にも大きく関わっているのじゃないかな、

そう思いました。

 

 

これはツインとの恋愛や魂の統合に限った話ではありません。

あなた自身がこの世に生を受ける前に

あなた自身に誓った使命、そう言った大きな人生まるごとの目的を達成するた

めに必要な試練だったのだ

そんなふうに感じています。

 

 

それでですね・・・、

今回は「サイレント期間経験中と終了後にわたしが感じた、自分自身の変化」

について書こうと思います。

 

 

かいつまんでざっくりと言うと、

サイレント期間は「”覚醒 “のために、絶対に必要な準備段階」

だったと感じています。

 

 

サイレント期間を経験することなしに、

いまの、いろんな余計なものが取り払われて綺麗さっぱりにデトックスされた

自分はなかったと思います。

 

 

「覚醒」とは新たになにかを付け足して得られるものではな

く、余分ななにかを思い切ってごっそりとそぎ落としていくこ

とで得られるものなのだ、

サイレント期間を経験したいま、

そんなふうに感じています。

 

 

サイレント期間は、とてつもなく大きな喪失感ももちろん伴いました。

ですが、それと同時に晴れ晴れとしたような、

清々しい気持ちがあることも確かです。

 

 

振り返ってみると

これほどまで、

自分自身について、深く内観できる時はありませんでしたし、

愛について、自分自身の人生の目的について、

深く考える機会はありませんでした。

 

 

ちょうど、大きな怪我や事故あるいは大切な人の喪失をきっかけにして、

人がその内面を大きく変化させるのに似ていると思います。

 

 

わたし自身の場合でいうと、

サイレント期間後に、

「自分の使命」、「いまやるべきこと」が明確になり、

「迷いなく行動できる」ようになりました。

 

 

わたしの場合の使命、

それは子育て、でした。

恋愛のことを考えていながら、

たどり着いた結論は片割れのことではありませんでした。

 

 

それまでのわたしは、

片割れにも、子供にも気を遣い、

どっちつかずでエネルギー分散しまくりで、

どちらにもちゃんと真正面から対峙していなかった、と思います。

 

 

だから日々、消化不良で、

できていないと感じることがたくさんあって、

本来持っている能力を出し切れていなかったと感じます。

 

 

自分の行う判断にもいまいち自信がなく、

いちおう選びはするのだけれど、

「本当にこの選択で良かったのだろうか?」

といつも心のどこかに不安がありました。

 

 

サイレント期間後は、

その不安がほぼなくなりました。

 

 

スーパーでの野菜選びに始まり、

子供の行動に対する声がけまで、

いまひとつ「本当にこれでいいのかな?」と自信が持てないでいたの

が、

“私がいいと思ったのだから大丈夫”、そう思えるようになりました。

 

 

ある意味では「相手や得たい結果をコントロールしたい」という執着を手放し

のかもしれませんし、

立派でなくとも良い、

成功しなくとも良い、

そう心から思えるようになったのかもしれません。

 

 

それら感情を深くたどっていくと、

自分自身への信頼と愛、になるんだと思います。

 

 

私はサイレント期間を通して、

自分への信頼と愛を取り戻したんだと思います。

それは他者を愛することの「出発点」だとも思います。

 

 

自分を愛せない人・大切にできない人。信頼していない人、は人を真に愛する

ことはできないと思うんですよ。

 

 

まぁ、そんなことを偉そうに言っても、

最近ようやくサイレント期間を脱けただけなので、

悟ったわけでもなんでもないですし、

これからも一生ある意味では修行の日々なのだとは思いますがね。

 

 

それでも、

これは人生という修行の中の、

大きなステージを一歩クリアしたという心持ちです。

 

 

すごくスッキリしていますし、

今までも違う考え方、

ものの見方ができるようになったと感じています。

 

 

だから、どうかサイレント期間を必要以上に恐れないで、

逆に楽しみにする、ぐらいの気持ちで、

いや、あるいはもういっそすべてを感じきって見つめまくって

やるぐらいの気持ちで、とことん向き合っていただけたらと思い

ます。

 

サイレント期間は覚醒に必要な準備段階って本当?
「とことんやりきる!」その心意気こそが、あなたの運命を切り開いていくんだと思います。

 

 

そうはいってもやはりサイレント期間とは

他にたとえようのない特殊な体験ですし、

これまで感じたことのない言いようのない悲しみも

憎しみとか苦しみとか怒りとかいろんなネガティブな感情がどんどこ湧き上が

ってくるかと思います。

 

 

それはとても辛いことなのですが、

ネガティブはネガティブとして、

でもそれも、大切なあなたの一部。

 

 

丸ごと受け止めて、感じきったら・・・

そしたら本当に受け止めきった時に、

風景が違って見えるようになるんじゃないかって

わたしはそう思っています。

 

 

人は皆、自分というフィルターを通して世界を見ています。

だからこそ、

心に淀みなく澄んだフィルターを持っていたいと

そう思います。

 

 

そうすればこの世界とは恐るるに足らぬことが大半で、

恐怖とは自分自身が作り上げた幻影であり、

悪意とは自分自身の感情を

周囲の人々に反映させていることが大半だった

ということに気づくのではないかな・・・。

 

 

そしてこの世界は、

思った以上に、

ずっとずっと愛で包まれていて、

自分自身も愛されるべき存在なのだということに

気づくのではないかな?

 

 

そんなふうに偉そうなこと言ってても、

わたしも時々絶望したり、

腐ったりしてますがね~(笑

 

 

というわけで、

今日は「サイレント期間後には、いっぱい素敵な変化が待ってい

るよ!」

「サイレント期間は覚醒に必要不可欠な要素」というテーマでお話ししまし

た。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。