アメジストの意味・効果をリーディング!我々人間に素晴らしい可能性を期待しながら、高い精神性を以ってみる世界の美しさを教えてくれる石。

アメジストの意味・効果をリーディング!我々人間に素晴らしい可能性を期待しながら、高い精神性を以ってみる世界の美しさを教えてくれる石。

今回はわたしのツインの持っているアメジストをリーディングしてみました。

 

わたしは彼とは石友達(?)でもあり、時々石や数珠のメンテを頼まれることがあり、こっそりとプライバシーに抵触しない範囲で読んでいたりするんですね~(ヘンな事はしていませんよ!)。

 

で、アメジストですが、たおやかで優美で、まるで時の流れが止まる一瞬前のようなゆ~~ったりとした流れの中に身を置いているような石です。この石といると、自分自身もものすご~くゆったりとします。瞑想しているような感覚でしょうか。

 

単にゆっくりなのではなく「ゆったり」それは時間の流れそものののことだけを表すのではなく、時間を感じる人間の側の「心のありよう」をも指していると思います。冷静沈着で心にかなりの余裕があるような、どんな状況でもかすかな笑みをいつも浮かべていられるような、そんな器が大きくてとても出来た人、みたいな感じの印象がある石です。

 

「感じかた」や、「感じる」ことの内容というのは、人それぞれに違いますし、同じ人間であっても体調や置かれた状況でも違ったりもします。対象物の”どこ”を見るかによっても違いますし、見ている部分にどれほどクローズアップするかによっても見えてくるものは異なるものだと思います(例えば顕微鏡で対象物を10倍で見るか、1万倍で見るかで見るものの見え方が違うような感じでしょうか)。

 

そして、アメジストというのは、”すべて”を見る能力を兼ね備え、その能力で視る世界というのは、実に奥行きがあり、面白い(笑える、という意味ではなく、”興味深い”とか”味わい深い”という意味)ものなのだということです。

 

人は未熟な時や心にゆとりがない時には同じものを見ていても、それをまるで立板に開いた直径1センチの穴からしかみていないようなところがあり、全体を捉えているとはいいがたいところがあります。でも同じものをなにもさえぎるものがない360度から見るとまるで違って見えます。

 

このことからアメジストが伝えたいことは、単に置かれた状況や個人の能力・資質によってものの見え方が違うんだよ、というだけのことではないのだと思います。

 

「心静かに、ただあなた自身あるがままの状態に身を委ねよ。そうすることで、いままでずっとあなたのそばに変わらずにあり続けた世界が、輝き始める」そう言うことを言いたいのだと思います。物語『青い鳥』にもあったように、”幸せの青い鳥は、もとからあなたの部屋にいたんだよ。ただそのことに気づかなかっただけ”ということを言いたいのだと私は思います。

 

「心のありよう」の大切さに気づかせ、我々人間に素晴らしい可能性を期待しながら、高い精神性を以って静かに視る世界の美しさを教えてくれる、そんな石がアメジストかなと思います。

 

エネルギーを読むたびに、人や石や、それから人と石の関係に無限の可能性を感じさせてくれるような素敵で奥が深い石なのです^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。