「やるべきことができない・・・」そんな時の対処法とは?

「やるべきことができない・・・」そんな時の対処法とは?

今日はやるべきことが出来なくて落ち込んでる時に、あるおっさんに教えて

もらったことが結構使えそうなので、ここに書くことにしました。

 

その前に、わたしがちょくちょく「人生について」など会話をしているラファ

エルのことを話そうと思います。

ラファエルは外国の人・・・ではなくて、大天使です。

さらっと言ってしまいましたが・・・。

 

大天使
写真はイメージです。そう、イメージ。

 

 

ちなみに私が見るラファエルは、クリミナルマインドに出てるシェマー・ムー

アに似ています。本当は、双子の幼稚園の時のクラスメイトのイーライのお父

さんに似ているけど、そう言ってもたぶん誰にもわかってもらえないので、分

かりやすい有名人を挙げてみました。(でも大天使っていうと、みんな白人の

イメージのような???)

 

シェマームーアは大天使ラファエル?
「FBI!」

 

ラファエルとの出会いは6、7年ほど前でしょうか。

アメリカ在住時にコンタクトをくれるようになり、

以来日本に帰国してからもたまにわたしの脳内に直接メッセージをくれること

があります。

 

 

でですね、話を戻して、

「やるべきことがわかってるのにできない」

これ、わたしにもすごくあることなんです。

真面目な人に多いんでしょうか・・・

(あ、いや、私が真面目ってアピールしてるわけじゃないです^^;)。

 

 

「やるべきことがわかってるのにできない」ってことで、

すごく自分を責めてしまったり、落ち込んでしまったり、

やりたいのにできていない現状を目の当たりにして、

ガックリしたりします。ホントしょっちゅう。

 

 

でもラファエルが言うには、

「自分を責めなくていい。

例えば今お前、”お風呂掃除しなきゃ”って思ってて

しかも”お風呂の汚れずっと溜め込んでいたなぁ、ハァ・・・”って思っただ

ろ?

 

まぁ落ち込むには十分な汚れだけど、

 

落ち込むおっさん
“落ち込むにはじゅうぶんな汚れ” だとよ・・・

 

“掃除しなきゃいけない状態なんだ”って気づけてることで、

もう十分なんだよ。

 

現状に対する気づきや認識がきちんと出来ているってことは、

あとはもう行動するだけなんだ。

 

なんなら、その”認識できている状態”ってのは、

すでにもう半歩足が踏み出しているのと同じようなもんだ。

 

それは例えば、

「子供が危ない場所にいるな・・・」と認識できていて、

いざ車が来た時には

とっさに声をあげたり、

自分が出て行って子供を安全な場所へと引っ張るなりなんなりして

移動させる準備ができている、ってのと同じことなんだ。

 

これって、

「全く心の準備からなにから出来ていない」のとは全然違う。

 

問題なのは、

「問題があるのに、それを問題だと認識していないことのほうだ」。

だってさ。

 

 

というわけで、

「やんなきゃいけないことを出来てないとしても、

そんなに落ち込むな」だそうです。

 

でもって対処法としては、

「できる時にやればいい」だってさ。

(それって対処法って言えるのか?俺が許す、だそうです。あ、これはもはや

ラファエルの言葉ではない。もう一人いますね^^;)

むしろ「出来ない自分はダメだ」と自分を責めてしまうことは、

自傷行為みたいなもんで、大天使はそういうのやめて欲しいみたいです。

これは説明すると長くなる話なんですが、かいつまんで言うと、

「みんなの意識が繋がってるから」なんだってさ。

大天使も、神さまでさえも。

だから私たちが自分を傷つけることは、神を傷つけるに等しい、と。

これは口を酸っぱくして言われてる(でもわたしが出来てない^^;)ことです。

 

気づけるってことは、すでにそのことに関するセンスがあるって証拠でもある

ってことも言ってました。

 

というわけで、今日も朝から大天使にお説教・・・じゃなくて素敵なアドバイ

スもらいましたです~。なにかのヒントになれば幸いです^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。