「心のもやもやを解消し、本心の望む未来を歩めるようになるタロット講座」のご紹介〜かげした真由子先生の無料タロット講座〜

「心のもやもやを解消し、本心の望む未来を歩めるようになるタロット講座」のご紹介〜かげした真由子先生の無料タロット講座〜

今日はタロットを無料で学べる講座情報をシェアさせてください。

 

えっと、わたしはウエイト版タロットというもので占いをしているんです

が、タロットの意味を解釈する上でとても参考にさせてもらっているのが

まゆちん先生こと、かげした真由子先生のブログなんです。

 

わたしにとっては知識を入れることが半分趣味なので、それこそいろんな占い

師さん、カウンセラーさんのブログをちょくちょく覗きに行きはするのですけ

れどね、多く参考にさせてもらっている先生方のなかでも、まゆちん先生は心

の奥底を見たり、人間の心理を分析する能力が非常に高いな

ぁと感じていて、先生の「分析力」というのは、こんがらがってしまった人生

という糸をほぐしていく際にとても力になると思っています。

 

そんなまゆちん先生がありがたいことにタロットの無料講座をなさっていると

いうことで、その情報をシェアさせていただきますね。

 

●人生がどうにもこうにもこんがらがってしまったり、

●自分の本当の感情が一体どれなのかが全く見えなくなってしまってパニック

なってしまいそうな時、

 

自分でも使えるツールを持っておくことは、

悩める女子たちにも、とても心強い盾となり、

また人生を自分の足で力強く歩んでいくためにも強力な武器に

なりえると思っています。

 

恋愛問題、職場や学校での人間関係、親子・家族関係、

 本当にさまざまな悩みを可視化し進みたい方向性を自ら選ぶ、という

 きっと前向きで能動的・主体的な生き方が、出来るようにもなれますよん♪

 

というわけで、以下に詳細リンクを貼りますので、

ピンと来た方は是非お試しを~

 

画像はイメージです。まゆちん先生のお写真ではありませんのであしからず。
こちらがウエイト版タロットのカードの一枚。タロットは「人間の行動パターン図鑑」とも言われているため、必ずどれかのカードには自分の深層心理が描かれていると言われるんです。「自分自身を知る」ためにもとても使えるツールです。

 

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

森野おとひこさんとかげした真由子さんのコラボ企画

「タロット占い協会の無料講座 女性のためのタロット占い」を受講中です♪ 

 

「占いを求める人が依存せずに幸せになれるように。そして占い師自身も一緒に幸せになれるような、そんなタロット占い師を増やしていきたい!」

というボランタリーな想いで運営されている無料の講座です。

 

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…..*

 

わたし(『にじのうろこ』店主はな)の使った感想を書くと・・・、

まゆちん先生のタロットは

既存の占いにありがちな、

「当てる(だけの)タロット」とは一線を画し、

あなたの本当の望む未来を可視化し、

望む未来に向かって、生き生きと舵取りができるようになる、

自分で自分の運命のハンドルを握ることができるようになる

とても頼もしいツールです。

 

シンプルなのに、もやもやが解消できて

進みたい未来へ向けて、前向きに一歩が踏み出せるようになれて、

元気を与えてくれて、

でもその場しのぎでは決してないとても使えるお助けマン的な心の羅針盤兼頼

れるアドバイザー的ツールです。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…..*

 

・タロット占いを身につけたい、また活かした仕事をしていきたい方

・依存させず、自分の運命を選んでもらえるようなタロットの活かし方を取り入れたい方

・カウンセラー・セラピスト・コーチを行う上で、タロットを少し取り入れてみたいと考えている方

そんな人には、次回の先行募集をしているらしいので、

ぜひ、この ↓↓リンク↓↓ から申し込んでみてくださいね。

https://iroironoiro.life/l/free-tarot_sh

 

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…..*

 

わたしからのご案内は以上になります。

ではでは〜

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。