「ふと思い出した恋愛昔話~疑わない心は最強?!」

 

これは私が大学生だった頃の話です。

当時私は2歳年下の彼と付き合っていました。

その彼はいくつかバイトを掛け持ちしていて、

明け方バイト帰りに「これ、お土産」と言って、お寿司を持ってきてくれたんです。

 

 

紙袋からお寿司の入った箱を取り出した時に、

「ゴトッ」と固い何かがテーブルにぶつかる音がして、

見ると女性ものの腕時計が入っていました。

 

 

恋愛において、天然は結構強いのかもしれない・・・
フツーだったら、この時点ですでに「なにかがおかしい」と気づくはずなんですよ、たぶん・・・。

 

 

彼は慌てて、

「あ、このお寿司、同じサークルの女友達がバイトしてるところで、

彼女からもらったから、なんか間違って入っちゃったのかな

 

恋愛の揉め事
今だったらたぶんこんな表情でブチギレるわ(笑

 

 

普通なら多分ここで怪しいことに気づくんですよね。

でも私、当時は本当に世間知らずで・・・。

 

 

「今もその子、バイト中なのかな?

時計無いと困るよね!届けに行っておいでよ!」

と言って彼を送り出したんです。

本当、天然だったな~と。

 

 

これが「怪しい」ことに気づいたのは、

その件があってから20年近くも経ってから

 

 

お皿を洗いながらドラマをなんとな~く見ていて、

似たようなシーンに出くわしたんです。

その時に自分の中で、

「ピーン」と来たんですね。

「あっ!このシチュエーション、私もあったじゃん!!」と。

 

浮気されて気づくのに20年て・・・
気づくの遅いよ!遅すぎるよ!!

 

 

しかし、怒ろうにも悲しもうにも、

あまりに時が経ち過ぎていて、

逆にすごく笑えてきてしまいました。

自分のアホさと、

あの時の心の底から「きょとん」とした彼の顔に・・・。

 

 

そこで学んだ教訓!!

「どんな悲劇も、自分が”悲劇”と認識しないうちは、まったく

もって悲劇ではない」。

 

 

その後、彼は「ほかに好きな人ができた」といって私の元を去りましたが、

多分その彼女とくっついたのかな?と思います。

 

 

そして風の噂では、二人は10年以上付き合った挙句、

彼が一向に結婚してくれないので、その彼女は当時彼女が働いていた会社の社

長と結婚、その後すぐに彼は他の人と付き合って日もまだ浅いうちに結婚した

らしいです。

 

う〜ん、一体彼はなにがしたかったんだろう?

自分にはちょっと意味不明な結末。

ま、その間にはきっと彼女との間にも紆余曲折があったんでしょうが・・・。

 

 

そんな彼だから

私、フラれてよかったのかもと思ってしまいました。

しかも彼は当時私に嘘をつきながら、平気で付き合っていたわけですし

ね・・・。

 

 

教訓その2!!

フラれた方が幸せになれる関係もある

(たぶんそんなのばっかり・・・笑)。

 

 

というわけで、

「人を疑わない心」というのは、

もしかするとある意味「最強」なんでは?と思った次第です。

 

 

私も、その後はだんだん腹黒く(?)なってきましたが、

時折出くわすあまりにピュアな人の、

見返りを求めずただひたすらに好きだから好きなんだ!という情熱に、

思わず心を動かされちゃう時があります。

 

 

「周りがどう思おうが関係ない」

「一般論は気にしない」

 

 

そんな人たちのひたむきで真っ直ぐな気持ちは

やっぱり強いな~と思うのですよ。

そういう真っ直ぐさに影響されて、

こちらまでピュアに、誠実になっちゃったりね。

 

 

というわけで、

今日はふと思い出した恋愛昔話~疑わない心は最強?!~」

題して書いてみました。

なにかの参考に・・・(ならないか)。

ではでは~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。