色の癒しについて

色の癒しについて

昨日はピアスの製作と発送作業をしてました。

 

 

発送作業はなんて言うか、かぐや姫が月に帰る時のおばあさんのよう

な・・・んかちょっとセンチメンタルな、でも美しい体験、といった気持ち

になりま(笑)。

 

 

で、その時に思ったんですが、やはり石ってすごく綺麗・・・。

 

 

綺麗なものを見て癒されるっているのは、人間に備わった才能なんですかね。

 

 

こうして石を見ているだけでもううっとりして、それだけで心満たされて、な

て安上がりな女なんだ(笑)、と自分のことを思ったり。

 

 

製作していたのはエメラルドのピアスとピンクミスティッククォーツのピア

ス。

 

 

エメラルドの方は、エメラルドと言っても一般的に想像するような濃い緑色で

なくて水色と淡いグリーンが混じったような、人魚姫の泡のようなロマンチ

ックな色味なんです。わたしはその優しい色味が大好きなんですね・・・。

 

 

エメラルドのピアス14kgf
淡く儚げな中にも芯の強さを感じるというそのギャップ萌えなんですわ

 

 

“深い絶望の縁にある悲しみ”を知った者だけがたどり着くことのできる、優

しさ」といったものがそこにはあるような気がしていて。ただ優しいだけ

ではないと感じられる、芯の強さも魅力に感じていますネ。

 

 

ピンクミスティッククオーツはクォーツ(水晶)に金属を高温で熱したものを

き付けてクォーツの表面を覆ったもの。メタリックな涼しげな色味が持ち味

で、わたしはこういうメタリックなものを見ると、つい「ドラゴン」を妄想し

たくなりますね。意味はないんですがね。ドラゴンの鱗を連想するからでしょ

うか。

 

 

ピンクミスティッククオーツのピアス
ピンクミスティッククオーツ(画像右)は、錬金術っぽい!とこがかっこいい〜って思っちゃったり

 

 

 

こちらも宇宙的で不思議な色味・・・。こういう、地球でしか見ることのでき

い色というのはたくさんあって(と思っています)、それを楽しむことので

きる地球人っていいな!ってすごく思います。

 

 

だって宇宙には、音も聞こえなけりゃ光も届かない、仲間もほぼいない・・・

んてとこもいっぱいありますし、それこそ前に進もうと思っても1センチ進

むのに何年かかるんでしょうってところや、何百年も嵐吹き荒れ、冷たい風と

闇に覆われて、その後の数百年は灼熱地獄・・・なんてところがあったりする

わけですよ、きっと(あ、はい、わたしの妄想の世界です)。

 

 

そんななかで、地球ってとこはやっぱり人気ナンバーワンの観光地♪なんだと

います。宇宙人にとって。さしずめ日本で言うところの京都みたいなもので

しょうか?あるいは東京ディズニーランド?

 

 

とにかく、地球に行ったらあそこに行って、あれをして・・・、なんてことを

くさん妄想するわけですよ。宇宙人たちは(たぶん)。

 

 

地球が「行動の星」と言われることも宇宙人から人気な理由の一つで、無重力

空間にいと、何しろ自分自身が移動するのが遅い!(技術を使えば別だけ

ど、意志の力で何かを叶えるスピードにおいて・・・という意味ではやっぱ、

遅い!遅する!!←あくまで妄想)。

 

 

 これは思念伝達は気体だけで行うよりも、液体が混じっていた方がより動きが

早く変化も早いためなんじゃないかと思ってるんですけどね。

 

 

だから、肉体を持って苦しみながらも、自身の肉体と知恵や勇気、行動力でも

って何かを成し遂げるという「アトラクション」を楽しむために宇宙人は地球

に遊びに来たりもするのかな・・・などとも思ったり。

 

 

宇宙人っていうか宇宙飛行士
こんな状態で迷子になったら、そりゃもう「心細い」の極致でしょうな(汗

 

 

そして宇宙人のやりたいこともう一つ!やっぱりそれは、大好きのハグ

か、「愛してる」や「ありがとう」を肉体を持つ存在からの言葉として、肉声

で伝、ということでしょうか・・・。

 

 

 この波動の美しさもまた、やはり、宇宙人がぐっときて感動して喜んでお土産

として持って帰りたいポイントなんだと思います。

 

というわけで、今日は思いっきり話がそれてしまいましたが、地球はとても美

しい星で、憧れてる人(宇宙人)は多いし、そこで当たり前のように出来るこ

とって、実は宇宙人からしたら当たり前じゃないかもよ~っていう妄想話でし

た~。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。