カコクセナイトの意味と効果

カコクセナイトの意味と効果

 

持ち主の中にある、質量ともにとてつもなく重たいエネルギー

を、まるで古い道路を一旦ほじくって、全部散り去ってからも

う一度ゼロから作り直していくような、

 

 

根本に立ち返って、すべてやり直させるような強い浄化と赦

し・癒しの作用があります。

 

 

それはある種、ものすごく深くて慈愛に満ちたエネルギー

 

 

 

カコクセナイトの意味・効果をリーディング
淡い紫部分が個人的には好きです。見てても癒される〜。でも見た目の色はふんわりしてるんですが、エネルギー的にはふんわりって感じではなくて、土台がしっかりしていて、樹齢1000年とかの大樹みたいな感じです。そこがまたなんとも安らぎを感じるポイントですね^^

 

 

他の誰もが「こいつは救いようがない」と思って見捨ててしま

った存在に対して手を差し伸べ、「ともに歩もう」とそっとそ

ばにいてくれるような、静かで大きくて安定して、絶えること

なく注ぎ続けられる、闇を含んだような不思議で美しく深い光

のエネルギーです。

 

 

そういった深い光の愛に寄り添い見守られ、初めて対

峙することのできる過去というものもあるのだと思い

ます。

 

 

並大抵の覚悟では直視することができないような、えぐられた

ような深くて鋭い、一生癒えるはずがないと思っていたほど大

きな心の傷。

 

 

そういった、深くてがんじがらめになって、永久凍土のよう

固く閉じ込められたままの感情深くて、深すぎて、

一生かけても癒すことができないように思えていた痛みの根っ

こに働きかけて、きっちりじっくりと見つめ直し、根本から自

らを救い癒させる力を持つ、時空をも超えることのできる、魔

法のように不思議な質量を持つエネルギーです。

 

 

 

 

というわけで、今回は「カコクセナイトの意味・効果」につい

てリーディングして深く読み解いていきました。

カコクセナイトの癒しの効果を解説
この石にさまざまな成分が含間れるということが、「多様性」を許容するんでしょうかね。人も数千年生きたら、もしかしたらこんなふうな「こなれ感」を醸すようになるのかもしれませんね。すべて言葉は虚しい仮初めの世界のものだけれど、だからこそ美しく、仮初めを、「そういうものだ」とは諦めたりはせず、すべてしっかりとその瞬間瞬間の姿のままにとどめ、体内に内包しているような、時空間の広がりを小さな石の中に浮かべている不思議すぎるエネルギーを秘めた石です。

石の種類によって得意なことが違う、というのはよく私も感じていることですが、このカコクセナイトは数ある石のでも、とてもそういった特異性を感じさせるものです。それはこの石が時空間を超えながら、強く影響を及ぼすことができるという部分のことを、この地球という三次元の世界ではとりわけ個性的と感じます。ぜひカコクセナイトのマジックパワーに触れてみて、触れるだけではなくて感じて・感じまくって、この世界での生活を豊かにするために活用していただけたら幸いです。

 

石の意味・効果、ぜひ面白く読んで、活用してくださいね!!^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。